ダイエットには色々な種類がありますが、その中で断食ダイエットというものも昨今出てきた方法です。断食ダイエットとは、一切食事を摂らないことで体重を減らすというものです。摂取カロリーが0になりますのでダイエットの効果は期待できますが、やり方を誤ると体調を崩してしまうことがあります。体重を減らすことが目的といっても、断食をするからには、どういった点に気をつけて取り組むといいのかなどが大事になります。極端な食事の減らし方をすると体によくありませんので、まず、1日目は1食だけにするというところから開始します。一度の食事がカロリー過多にならないように、味噌汁は豆腐だけを入れるなど、低カロリーの食事を心がけます。食事は1食に減らしますが、日中は、スポーツドリンクなど水分を補給することは可能です。2日目の食事は具の入っていない味噌汁を一食にして、前日より少なめの食事をしていきましょう。断食ダイエット3日目からは、食事はとりません。水分摂取だけで、1日を過ごしていきましょう。食事をとらず、飲むものは水だけという断食状態に突入すると、だるさを感じるようになったり、体調が変化することがあります。スタートしてすぐにダイエット効果が感じられたという方もいますが、数ヶ月間隔で続けて、段階的に体重を減らしていくことが可能です。もしも、断食によるダイエットに挑戦するならば、体に負担がかからないようにすることや、体調を崩したらすぐにやめることが重要です。